バリアフリーを導入

手すりを設置する上でのポイント

自宅にバリアフリーを導入する上で重要となる物の一つに手すりの設置があります。一口に手すりと言っても、浴室や階段など設置しなくてはいけない場所は数多くありますが、この時に注意しなくてはいけないのは構造です。中にはトイレのような限られたスペースで考えもなしに設置してしまったことで、逆に不便になってしまったという事例も少なくありません。こうした失敗をしないためにも、実際に使用した時のイメージを頭に描いて計画していくことが大切になります。
階段に手すりを作る時は、途中で途切れさせないようにカーブの部分も含めて連続性を持たせるのが基本です。浴室の設置は浴槽を跨ぐことを想定して40cm以下にすることを忘れてはいけません。

車椅子を使うことを想定した設計

バリアフリーの設置で忘れてはいけない大事なポイントが車椅子のスペースに確保です。高齢者の中には年齢による体の衰えや病気によって自力での歩行が困難となってしまうケースも少なくありません。こうした自宅での移動でも車椅子が必要な場合には、一般的な住宅の作りでは対応できないのが実情です。移動の中心となる廊下を車椅子でもスムーズに移動ができる幅、トイレの介助をする時に負担が掛からない広さなど必要に応じてスペースを確保しなくてはいけません。
そのほかにも、意外と見落としがちになるのが照明のスイッチの高さです。車椅子の使用者が一人で行動をしている時に自分でスイッチの切り替えができるようにする配慮が大切になります。トイレや玄関といった利用頻度が高い場所はセンサーでONとOFFができるようにするのもおすすめです。